FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by CRMダイレクト on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間にMac信者

Posted by CRMダイレクト on 08.2012 こだわりギア   0 comments   0 trackback
ここ数ヶ月、怒濤の忙しさがあり久しぶりのエントリーです。
写真+12-08-08+22+09+48_convert_20120808224343

5年間世話になった自宅PCのWinがうんうん唸りだし、
おかしくなったので、遂にMacを導入しました。
最新のMac Book Proです。
写真+12-08-08+22+29+45_convert_20120808224445

最近、マーケティング講演でもよく話すのですが、
「なぜ、買ったのか」について自己分析してみました。
【なぜ、Macを買ったか】
 15年に及ぶWinユーザーである私は、次機もWin機と思ってましたが、
 ブランドスイッチしてしまいました。
 最新のシェアを調べてみるとWin92%に対して、Mac5%
 なのでまだ超マイノリティです。
 でも数ある選択肢から割高なMacを買ったしまった。
 なぜだろう。
 理由を整理してみると以下3つなのかな〜と思いました
 1.Winへの不満
  最後には故障してしまったのが原因ですが、
  先代機が悪名高きVISTAということもあり、
  とにかくパッチを充ててくるのが煩わしく、
  Winに嫌気がさしてしまいました。
 2.Macへの憧れ
  最近思うのが、やはりMacはブランドコントロールも
  1社完結なのでとにかくかっこいい!
  例えば、代官山蔦屋のカフェ、六本木ミッドタウンで
  PC仕事しようものなら、もうWinの出番はありません。
  シェア率100%でMacで、キマってます。
  今回購入したのもアルミの削りだしのようなフォルムで
  何度見ても飽きません。
  あとは、iphone数台、ipad数台も使ってるので、
  以前よりMacに対するアレルギーが無くなっていたこともあります。
 3.環境の変化
  自分は今はサラリーマンでないので、勤務先の規制を受けません。
  サラリーマンは基本的にWin使用を求められるので、勤め人でしたら
  ブランドスイッチしなかったかもしれません。
  もう一つは、クラウド環境。メールもデータもブックマークも
  クラウドに預けているので、面倒なデータ入れ替えが不要ということも
  大きいです。

【で、使ってどうなのか?】
 15年Winユーザですし、PC仕事もスピードが命なので、
 買い替え当初はWinを併用していました。それぐらいWinユーザに
 とってMacは使い辛いんです。MacにWinOSを入れてる人が多いのも
 頷けます。
 ところが、両者の差異ポイントは数点しかないので、それを
 覚えたところ全く違和感がありません。
 
 デザインについては、これは比べようが無くMacユーザになって
 家電量販店に行くとウルトラブックを含めたWin機のほとんどが
 やぼったく見えてきます。
 ジョブズが「Winには美的センスが足りないのではなく、欠落しているのだ」
 ということがよく頷けます。
 
 感心するのは細部です。
 例えば、スリーピング機能にして暗い部屋に置いとくと
 小さなライトが微妙に灯ったり、消えたりします。
 チカチカという感じではなく、静かな寝息をたててるように
 ほの暗く消え、ぼんやり灯り、呼吸をしているようです。

 愛おしいペットのような存在。
 こうゆうことを開発者とブランドクオリティ関係者が
 日々考えているのでしょう。

 会社PCはまだWinですし、経営に必要な会計ソフトは
 Macで使えないなどありますが、あっという間にMac信者に
 なっちゃいました。
 Winから移行しないと思ったのですが、
 ブランドスイッチに絶対はないということですね。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://crmdirect.blog64.fc2.com/tb.php/416-b225d13c

Facebook(Isao Yokota)

Twitter

カレンダー(月別)

12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。