FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by CRMダイレクト on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エゲレス外遊記】学校編

Posted by CRMダイレクト on 25.2013 未分類   0 comments   0 trackback
第一弾はこちら

さて、アカデミックチャレンジの一環として
イギリスの国立大学であるサウサンプトン大学へ行ってきます。
キャンパスは広大で、雰囲気あります。
こちらも日本から連絡が行っているので、
非常にスムーズに様々な分野から
話を聞く事が出来ました。
5

建物がおしゃれですよね。日本だと、青学とか明学とかの
校舎に似てますかね。
6

大学院付属の研究機関では、測定を専門にする機関がありました。
自転車アスリートへの風力低減、ヨットの最高峰レースの
アメリカズカップ艇への技術提供をしています。
アメリカズカップ艇は企業秘密のかたまりです。
どうやって守秘を保っているのかなどを
インタビューしました。
1

オーストラリア訛のある彼のプレゼンは
時間切れで質問できず。
2.jpg

博士課程の彼女は、水槽での実験を説明。
3

こちらは構造学分野の材質関係を研究しています。
4

ギリシャ出身の教授は、海法を専門としています。
「ボートと船の違いは?」について
丁寧に答えてくれました。
7

中々美人な女性教授は、クルマの振動を専門に行っており、
研究施設も充実したものがありました。
8

訪れた日は、たまたま数ヶ月に一回の博士過程学生(PHD)の
パーティー。急遽、参加させてもらえることになり
1時間ほど、ワインをガブ飲みしました。
ここではどんな問題でもオープンに討議する場であり、
電子レンジを使うマナー、について真剣なディスカッションが
ありました。その話題はパーティーをぶち壊すくらいに
場違いではありましたが、それでもオープンに討議する
雰囲気を教授陣が作っており、中々立派だなと思いました。
9

社長業を続けながら、外国の学びの場に身を置く事は
中々出来ません。
今回のことでの最大の気付きは、日夜世界の学生が
各方面の知識を吸収、磨くために懸命に勉強しているという
場に接する事が出来ました。
「インプット無くして、アウトプット無し」
これを肝に銘じて、仕事にも生かそうと思います。
また、教育プログラムの一端を見る事で
当社の研究事業に反映できる気付きも幾つか得る事が出来ました。

(続く)


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://crmdirect.blog64.fc2.com/tb.php/423-3984353b

Facebook(Isao Yokota)

Twitter

カレンダー(月別)

12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。