FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by CRMダイレクト on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エゲレス外遊記】海洋編

Posted by CRMダイレクト on 25.2013 未分類   0 comments   0 trackback
第一弾はこちら
第二弾はこちら
今回お世話になったサウサンプトン大学院は、
港町らしく海洋方面に強く、その辺りの話や
港町ならではの施設を案内してもらいました。

サウサンプトン大学の港に併設するキャンパス、
National Oceanography Center
(国立海洋センター@サウサンプトン大学)
に訪問です。

「今日は寒いでしょ?」といいながら、薄着な
知的な女性が案内してくれます。
1

こちらは、フィギュアヘッド。フィギュアヘッドというのは
帆船の突端につけてあったシンボルです。
こちらはかつて日本にも寄港したことのある
チャレンジャー号のフィギュアヘッドです。
グラスファイバーで出来ているので、
オリジナルな逸品。本物と出会えるとは思わなかった。
1

何だか殺風景な港。ここがタイタニック号が出港した
岸壁です。ジャックもローズの影も形もありません。
この岸壁を見下ろすカフェでランチをご馳走になりました。
2

翌日はポーツマスに。
私がかつてアメリカ留学していた近くにもポーツマスが
ありました。日露戦争で終戦協議した場所もそうですが、
こちらではありません(むしろ元祖か)

色々な船が展示してある博物館、
Portsmouth Naval Dockyardを訪れます。

驚くほどの砲門は、その数何と104門。Victory号です。
かつて、ネルソン提督が乗船し、世界最古の戦列艦であり
今なお、現役という驚異の船です
4

中は砲門で一杯ですが、
天井が恐ろしく低く、かつての乗組員が
苦労した事が伺えます。
3

ポーツマスは日本で言うと横須賀港のようなところなので、
軍艦がそこかしこに見受けられます。
6

こちらはウォリアー号。竣工が1861年なので、日本で言うと黒船来航
の10年後に出来た船です。
まあ、帆船ですが巨大で立派です。
当時の国力の差を感じます。
7

8

港に隣接するSpinnnaker Towerです。
フォルムは貝殻でしょうかね。
9

港を一望できます。
10

展望台の床の一部がガラスです。
(東京タワーやスカイツリーにも良くある仕掛け)
大丈夫とわかっちゃいるけど、中々のスリルです。

英国男児は果敢に飛んだり、跳ねたりしています。
11

イギリスは日本と同じ海洋国家です。
こんな小国がかつて世界を支配したことを
考えた時に、その答えは海を支配する船の力にあることが
分かりました。世界を押さえるインフラを押さえていた事が
小国でも世界を支配することになったのです。
現代の世界インフラだと、航空の時代は過ぎ去って、
通信、インターネットでしょうか。

日本が世界的競争力を身に付けるとき、
国内公共工事にばかり予算を割くよりも、
国際的競争力に目を向けた海洋投資が
必要なのでは、と強く認識しました。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://crmdirect.blog64.fc2.com/tb.php/425-bb78b6fb

Facebook(Isao Yokota)

Twitter

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。