FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by CRMダイレクト on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人を動かす」は経営者でなく、新社会人こそ必読

Posted by CRMダイレクト on 01.2013 映画/ドラマ/本   0 comments   0 trackback
本日は4月1日ですが、クライアントの多くも
入社式でした。
企業研修を行うクライアント様より
新入社員に贈る言葉や書籍は何がいいかを尋ねられます。
その度ごとに、迷う事無く、デール・カーネギーの
「人を動かす」を勧めます。
出版から70年、世界1500万部刷られた名著です。


邦題の「人を動かす」だと経営者向けに聞こえますが、
洋題を訳すと、「友人を勝ち得、人々に影響を及ぼすか」になり、
実は新社会人に最適なのです。
私がおすすめする理由は、2つです。
1)新社会人の最初ほど人から得るインプットが大きい
2)本書は、人付き合いの基本が書かれている
からです。

私もやんちゃ過ぎて、同期、先輩、上司に
迷惑をかけっぱなしでしたが、
良き先輩と共に本書に助けてもらいました。

ビジネスを始めたばかりの新社会人の際に読みましたが、
数十年経過した現在に目を通すたび、頷く事が多い示唆に溢れています。
以下に少々書籍案内を載せますね
【著書と背景】
 人間関係研究のカーネギーは、人を動かす原則を打ち立て、
 数枚のカードにまとめました。それが薄いパンフレットになり、
 ページ数が増えて書籍化され5000部の出版に。
 多くの支持を得て、世界1500万部に増刷され初版以降
 70年も改訂を重ねて読み続けられています。
【内容と論点】
 人付き合いの成功法則とは何か?について
 自分と聞き及んだ体験事例をもとに分かりやすく
 書いています。「議論」ではなく、「相手を理解」という
 平和主義的トーンで終始貫かれています
【いいところ】
 原則は全部で37あり、全てに事例をつけて
 書かれているので、分かりやすいです。
 ビジネスではロジカル・シンキングを
 使いながらもそれで上手く行かない点などを
 反省させられますね、個人的には。
 これ読んでると、傍らに置いたメモが
 フル稼働するくらいにマネジメントや交渉の
 アイディアが浮かんできますので、
 営業職の方にも最適です 

【疑問点】
 ただ、優しすぎます。
 実際のビジネスシーンでは優しすぎると
 譲歩を生み、解決につながらないこともあります。
 実社会で様々な闘争経験や人間関係の悩みを
 経験した後に目を通すと、更なる含蓄が
 味わえる事と思います 

【何を学べるか】
 「相手の身になって考える」という1点でしょうね。
 これ、難しいですから。
 マーケティングを行う上でも「顧客視点」に立つことに
 応用できるのですが、これが存外に難しい。
 そんな時に再読すると大きな発見があります。

 精進途上の私は100回以上、読んで反省の日々です
 新社会人、頑張ってください!!


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://crmdirect.blog64.fc2.com/tb.php/435-e0930289

Facebook(Isao Yokota)

Twitter

カレンダー(月別)

12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。