FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by CRMダイレクト on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、ノートパソコンはタブレットに逆転されるのだろうか?

Posted by CRMダイレクト on 02.2013 ビジネス雑感/世間雑感   0 comments   0 trackback
3/30の週刊東洋経済「最新スマホ活用術」
の中で、急成長が続くタブレットの記事がありました。
確かに、ipad、kindleなどのタブレットをお持ちの方も増えましたよね。
2015年にはタブレットがノートパソコンを
圧倒凌駕する予測が出ています。
(出典:東洋経済3/30記事中:NPDディスプレイサーチ)
写真+2013-04-01+23+55+33_convert_20130402100255

グラフを見ると5年間で、無に近いシェアが大逆転
している(いくであろう)ことが見て取れます。
そこでノートパソコンの視点から

「なぜ、ノートパソコンは、
タブレットに取って替わられるか?」

を論点に検証してみましょう。

スペックで語る専門家視点ではなく、
あくまで消費者観点での検証です。

かつての主役だったデスクトップパソコンに比しての
ノートパソコンの最大利点は、「ポータビリティ(移動しやすさ)」です。
「ポータビリティ」の他に購入者が重要視する視点を
4つに分けてみました
●軽さ
 →軽いノートパソコンが1キロとしても、
  ipad miniなどは300グラムしかありません。
  圧倒的にタブレットが軽くて携帯性に優れます。
●外部使用環境
 →WIFI網の充実、クラウド利用の発達により、
  オフィスや自宅以外で使用する環境が数年前から
  劇的に改善されています。「ポータビリティ」
  が後押しされるわけですよね
●価格
 →タブレットが3万円平均として、ノートも随分安くなってきましたが、
  互角かややタブレット優位でしょう
●操作性
 →ネット閲覧くらいならまだしも、実務作業などは
  ノートに分があります。ところが、別売りキーボードや
  キーボード一体型も登場して、操作性に付いても
  タブレットが改善案を出しています。

冒頭の問い(なぜノートは、タブレットにとって替わられるか)
に対して、私なりには、
「タブレットは、ノートより携帯性(軽さ)に優れ、
購入(少し安価)しやすいため、代替される」
と仮説出しできます

また更に急成長しているスマホの弱点である画面の小ささ
を改善できるのもタブレットの利点でしょう。

5年間でシェア逆転していくのであれば、消費者ニーズは、
「もっと軽くて、安くて、見やすいもの」となります。
これが登場すれば、急成長しているスマホ、タブレットも
取って替わられてしまうでしょうね。
ITハード機材は戦国時代という表現がぴったりきます。

今、注目しているのがGoogleグラス。
この製品が、上述の消費者ニーズを満たして余り有れば、
また大逆転が起きるでしょう。
楽しみながら動向を見て行きたいと思います。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://crmdirect.blog64.fc2.com/tb.php/437-98591ee2

Facebook(Isao Yokota)

Twitter

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。