FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by CRMダイレクト on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海賊とよばれた男」に学ぶスケール感

Posted by CRMダイレクト on 06.2013 映画/ドラマ/本   0 comments   0 trackback
書籍が山積していて、初版購入から手がつけられなかった
話題書をようやくGW前半に読了しました。
飛ぶ鳥を落とす勢いの百田尚樹氏の
「海賊とよばれた男」


話は、海賊にまつわる物語ではなく、
出光興産を一代で築き上げた出光佐三氏の実録物語です。
ベストセラーの「永遠の0」は、本人曰く2、3百冊の
文献を読み込んで書き上げたそうですが、あちらは
フィクション、こちらはノンフィクションなので
同数以上の研究をしたのではないでしょうか?

幾多の困難を乗り越えながら、日本の行く末だけを
案じて、実現に向かう様を大きなスケール感で
描いています。
圧巻は、イランに向かうタンカー航行。
この章が、全体のスケール感を底上げしています。

気付いた人はいるかな?
上述のベストセラー「永遠の0」がカメオ出演するというか
主人公と主人公がシンクロするところがあり、
同一作者ならではの遊び心を加えています。

これを読んだら、ガソリンは出光しか入れたくなくなるという
社長さんが居ましたが、その気持ちが大いにわかりますね。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://crmdirect.blog64.fc2.com/tb.php/440-c81bd566

Facebook(Isao Yokota)

Twitter

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。