FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by CRMダイレクト on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンスをモノにする柳沢慎吾の凄いプレゼン力

Posted by CRMダイレクト on 07.2014 ビジネス雑感/世間雑感   0 comments   0 trackback
「国民の多くと一流ビジネスマンの見てる前で、
 自分の強みを即興で1分間わかりやすくプレゼンせよ」


こんなお題が突然来たら、あなたは対応できますか?

前記事で「笑っていいともグランドフィナーレ」のことを書きました。
新年度が始まり、既に過去の出来事ですよね。
しかしながら、最高視聴率33.4%、平均で28.1%の数字を見ても、
国民的番組の有終の美を見ようと、多くの国民の関心を集めていたことが
見て取れます。

番組中でプレゼンスキルでお手本になる人がいました。
タモリ?さんま?ダウンタウンVSとんねるず?いやいや違います。
柳沢慎吾です。



ご覧になってない方に説明すると、番組は大きく3つに分かれてました。
まず、吉永小百合とタモリの中継。

次にさんまとタモリの掛け合いに多数の芸人が登場するシーン。
通常、顔を合わせない芸人(ダウンタウン、とんねるず、爆笑問題など)
が一同に会すことが話題になりました。

最後が、レギュラー陣のタモリへのスピーチです。

柳沢慎吾は、第2ステージの最後の方に登場しました。
状況はこんな感じです。

とんねるずの木梨が嫌がる柳沢を強引にステージに引き上げます。
柳沢は意を決して、警視庁24時のパトカーネタで会場を
沸かせます。当然、あのタバコの小道具を手にしてます。
約1分間の寸劇の後、立ち去ろうとまさに舞台から消えようとしたところに
関根勉から「高校野球!(をやれ)」を声がかかります。
またもや、柳沢は固辞し舞台を去ろうとしますが、
リクエストに押され、「ちょっとだけ」と言い、
やおら高校野球ネタをやります。
これが、1分にも満たないネタですが、
秀逸で会場も大爆笑でした。

柳沢は芸人ではなく、俳優でもある、いわゆるタレントです。
彼の凄さは以下の質問を自分にぶつけると、その凄さが
わかります。

「国民の多くと一流ビジネスマンの見てる前で、
 自分の強みを即興で1分間わかりやすくプレゼンせよ」

こんなお題が突然来たら、我々は対応できますでしょうか?
プレゼン慣れしている私も難しいですが、柳沢慎吾は
見事にこなしています。

彼のわずか1分間のパフォーマンスには、2つの
学習点があります。
1つは、「準備」です。
ステージに上がること等想定していない筈が、
小道具はちゃんとポケットに常備してある。
いつでも万が一に備えていたことが窺えます。

2つは、「練習」です。
高校野球ネタは後で調べると最長10分くらいの
ロングバージョンがあります。
しかし、件の状況は超短縮版を求められている空気感があります。
彼は臨機応変にエッセンスだけを超短縮版に
縮小したのでしょう
相当、自分のネタを練習してモノにしていないと
できないですね。

とりわけ注目するのは、彼が2回も登場を固辞していることです。
本来は目にすることはなかったことですが、2回の
蜘蛛の糸(かすかなチャンス)を見事にキャッチしています。

チャンス多き、若きビジネスマンは
少ないチャンスをものにするために
参考になることがあると思います。

ぜひ、押さえたいビジネススキルですね。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://crmdirect.blog64.fc2.com/tb.php/462-e7c5cb3c

Facebook(Isao Yokota)

Twitter

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。